Kubernetes: HelmのChartsをダウンロードする方法

2020-07-27
山下 徳光
#
Kubernetes
#
Helm
#

こんにちは、山下です。

今回は、KubernetesのパッケージマネージャーであるHelmのChartsをCLIからダウンロードする方法をご紹介します。

概要

HelmはKubernetesのマニフェストファイルのテンプレートを管理できるツールです。テンプレートはChartsと呼ばれ、Helm Hubで公開されています。Kubernetes版のyumやaptといったイメージです。

コマンドで簡単に環境構築できるので便利な半面、外部で作成されたテンプレートを利用してシステムを構築することになるので、テンプレートの内容を十分に把握することが大切です。

Helm HubからChartsの参照方法がわからなかったので調べたところ、helmコマンドでダウンロードする方法を見つけました。

やり方

Helm Hubのbitnami/wordpressのページを元に、Chartをダウンロードしてみます。

  1. bitnamiのリポジトリを追加
$ helm repo add bitnami https://charts.bitnami.com/bitnami
  1. helmコマンドでpull
# 公式のinstallコマンドからChart名(bitnami/wordpress)がわかります
$ helm pull bitnami/wordpress

# ファイルを確認
$ ls wordpress-*
wordpress-9.3.21.tgz
  1. ダウンロードしたChartを解凍
$ tar zxvf wordpress-9.3.21.tgz
  1. Chartの中身を確認
$ tree -L 2 wordpress
wordpress
├── Chart.yaml
├── README.md
├── charts
│   └── mariadb
├── ci
│   └── ct-values.yaml
├── requirements.lock
├── requirements.yaml
├── templates
│   ├── NOTES.txt
│   ├── _helpers.tpl
│   ├── deployment.yaml
│   ├── externaldb-secrets.yaml
│   ├── ingress.yaml
│   ├── pvc.yaml
│   ├── secrets.yaml
│   ├── servicemonitor.yaml
│   ├── svc.yaml
│   ├── tests
│   └── tls-secrets.yaml
├── values-production.yaml
├── values.schema.json
└── values.yaml

5 directories, 18 files

おわりに

HelmのCLIコマンドを利用してChartsをダウンロードする方法をご紹介しました。本文で説明したようにシステム把握の面でも有用ですが、プログラムと同じで、他人が作成したマニフェストを読むのはとても勉強になります。

次回はマニフェストを読んでみた記事を書いてみようと思います。

参考

株式会社グランドリームでは、AWSを駆使した開発からUI/UXデザインまで、Webアプリケーションに関するすべての要望に応えます。
まずは一度お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら