NoCode & NoLimit

次世代のノーコード、可能性は無限大。

国内初
制限がないノーコード限定のアプリ開発サービス

10倍高速
開発が10倍高速
安心・安全
限りない低リスク
無制限
機能が無制限
FlutterFlowWebflowWEBiOSAndroidFirebasesupabaseREST APIstripe

イントロダクション

ノーコードで課題をすべて解決

NoCode Infinityは、今までのアプリ開発の課題であった価格・リスク・拡張性をすべて解決します。

開発費用が
高い

リリースまで
時間がない

ノーコードで
実現が難しい

下
10倍のコスト削減
10倍のコスト削減
10倍の速さで開発
10倍の速さで開発
無制限の機能
無制限の機能

NoCode Infinityとは?

NoCode Infinityは、コード出力可能なFlutterFlowとWebflowなどのノーコードツールでアプリ開発するサービスです。

NoCode Infinityについて
お気軽にご相談ください

特徴

従来のノーコードの問題点

BubbleやAdaloなどの従来のノーコードツールは以下のような問題点があります。

コード出力が不可能

コード出力が不可能

BubbleやAdaloなどの従来のノーコードツールでは、コード出力機能がありません。
そのため、アプリの拡張性・柔軟性や移管などに制限があります。

拡張性・柔軟性の不足

拡張性・柔軟性の不足

従来のノーコードツールでは拡張性や柔軟性が不足しています。
例えば、複雑な機能や要件に対応できなかったり、使用できるサードパーティサービスに制限がある場合があります。

外部サービス連携問題

外部サービス連携問題

従来のノーコードツールは、外部APIとの統合が制限されており、他のシステムやサービスとのシームレスな連携が難しい場合があります。

サービス終了のリスク

サービス終了のリスク

従来のノーコードツールを使用することで、そのツールに依存することが増え、将来的なシステムの拡張や移行が難しくなります。

パフォーマンスの制限

パフォーマンスの制限

従来のノーコードツールで構築されたアプリは、通常のコーディングでのアプリに比べてパフォーマンスが劣る場合があります。

セキュリティの懸念

セキュリティの懸念

従来のノーコードツールを使用する際には、セキュリティの脆弱性やデータの安全性について懸念がある場合があります。

NoCode Infinity
ですべて解決

NoCode Infinityは、従来のノーコードツールに比べて安全で柔軟性やカスタマイズ性が高いです。さらにサービスの存続に依存せずにアプリを永続的に長期間運用できるメリットがあります。

コード出力が可能

コード出力が可能

NoCode Infinityで扱うノーコードツールは、すべてコード出力が可能です。
もしノーコードツールがサービス終了しても、コード出力機能でコードを他のホスティングサービスに移行することにより、永続的にアプリを運用することができます。
またFlutterFlowの場合、Bubbleのような組み込みDBをせず、FirebaseやSupabaseなどのDBを使用することで安定で柔軟な選択が可能となります。

10倍の開発スピード

10倍の開発スピード

NoCode Infinityで扱うFlutterFlowは開発速度が10倍と公式で謳っており、Webflowは4倍速く開発が終了したという事例があります。
どちらも優れたUIパーツを高速に組み立て、バグが発生しないクリーンなコードの機能をわずか数クリックで実装することができます。
さらにFlutterFlowは、Web、iOSアプリ、Androidアプリを同時に開発することができ、それぞれを開発する必要がないので、工数と人員のコストを大幅に削減することができます。

すべての機能を実現

すべての機能を実現

NoCode Infinityのノーコードツールの裏側はコードベースであることから、カスタムコードを追加でき、どんな機能でも自由に実装できます。
カスタムコードは、ノーコードでなく実際にコードを書く必要がありますが、弊社は本来コードベースのアプリ開発を行う企業のため、エンジニアがどんな機能やデザインでも実装可能です。
またサードパーティサービスやAPIも自由に接続でき、拡張性と柔軟性に優れています。

外部サービス連携

外部サービス連携

NoCode Infinityで扱うノーコードツールは組み込みデータベースを使用しません。その理由は、大量のデータや高いトラフィックに対してスケーリングするには限界があり、移行も難しいからです。
NoCode Infinityで扱うFlutterFlowは、FirebaseやSupabaseが接続でき柔軟なスケーリングと再利用性をサポートします。また、APIとも接続できることから、自社のバックエンドと接続することも可能です。

高いパフォーマンス

高いパフォーマンス

従来のノーコードツールは、独自のアーキテクチャに依存しており、そのためパフォーマンスやセキュリティの面で不安がある場合があります。
一方、NoCode Infinityは通常のコーディングと同様の構造を持ち、そのためパフォーマンスやセキュリティの面で不安要素が少ないと言えます。
また、ノーコードであることから、生成されるコードがクリーンで冗長性のないものであるため、パフォーマンスに悪影響を及ぼす心配もありません。

最適な成長戦略

最適な成長戦略

NoCode Infinityは、あなたのアプリを成長させるにあたり最適な戦略を取ることができます。
低コストかつ高速でアプリリリースでき、早い段階でユーザーと意見を獲得できます。そして、ユーザーの声をもとに改善を行うことで安全で失敗が少なく、最短距離で成功にたどり着くことができます。
また、サービスが拡大したり、負荷が上がった場合、コード出力機能により、柔軟にスケーリングすることができます。

ツール

NoCode Infinityのツール紹介

NoCode Infinityは、コード出力可能なFlutterFlowとWebflowを用いてアプリ開発するサービスです。ここではFlutterFlowとWebflowについて紹介します。

NoCode Infinityについて
お気軽にご相談ください

流れ

お問い合わせ後の流れ

お問い合わせ後の流れは以下のようなイメージとなります。
要件や機能が決まっていなくてもあなたのアイデアだけで大丈夫です。
弊社スタッフがあなたと一緒に企画・提案し、素晴らしいアプリリリースと永続的な運用を目標に協力させていただきます。
小さな要望や質問でも大丈夫ですので、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

1

ヒアリング

あなたのニーズや要件を理解するために、ヒアリングを行います。
あなたが求めるサービスや製品、目標、予算、納期などについて詳細を把握します。

ヒアリング
2

見積もり提案

ヒアリングで得た情報をもとに、プロジェクトの規模や作業内容を分析し、見積もりを作成します。
見積もりには、作業内容、予算、納期などが含まれます。

見積もり提案
3

契約締結

見積もりが受け入れられた場合、正式な契約を結びます。

契約締結
4

キックオフミーティング

プロジェクト開始の際にキックオフミーティングを開催します。
チームメンバーが集まり、プロジェクトの目標や方針などについて話し合います。

キックオフミーティング
5

開発スタート

開発作業を開始します。
チームがタスクに取り組み、プロジェクトの進捗を監視しながら開発を進めます。

開発スタート
6

納品

開発が完了したら、成果物の納品やアプリリリースを行います。
テストや品質管理を行い、安全性や品質を確保します。

納品

ブログ

よくある質問

その他質問がある場合は、お気軽にお問い合わせからお問い合わせください。

ノーコードとは何ですか?

ノーコードとは、ビジュアルなインターフェースやドラッグ&ドロップの操作だけでアプリやウェブサイトを開発できる開発手法です。

NoCode Infinityとは何ですか?

NoCode Infinityは、コード出力できるノーコードツールに限定したシステム開発サービスです。
高速かつ低コストでアプリやウェブサイトを開発することができ、コード出力により無制限の機能と拡張性を実現します。
現在、NoCode Infinityがサポートしているノーコードツールは、FlutterFlowとWebflowです。

なぜ高速に作れるのですか?

高速な開発が可能な理由は、ビジュアルなインターフェースや豊富なテンプレートを使用するため、コーディング作業を大幅に省略できるからです。
また、コーディング作業が少ないため、バグやミスが入ることが少なくなりスムーズに開発できます。

どのようなアプリが開発できますか?

NoCode Infinityはできる機能に制限はなく通常のコードでのアプリ開発と同じように、さまざまな種類のアプリが開発できます。例えば、Eコマースアプリ、社内システム、教育アプリ、ソーシャルネットワーキングアプリなどが挙げられます。

自由なカスタマイズ性や拡張性はありますか?

はい、NoCode Infinityは自由なカスタマイズ性や拡張性を備えています。例えばFlutterFlowの場合、もしノーコードで機能が再現できない部分があっても、カスタムコードで弊社エンジニアが実装することで要望する機能をすべて再現します。

デザインはレスポンシブ対応できますか?

はい、NoCode Infinityで開発されるアプリやウェブサイトは、レスポンシブデザインに対応しています。異なるデバイスや画面サイズにも適切に表示されます。

デザインは自分の思い通りにできますか?

はい、NoCode Infinityでは、豊富なテンプレートやデザインシステムがあり、ルールに沿ったデザインを簡単に作成できます。弊社、デザイナーがワイヤーフレームから実際のデザインまで提案させていただきます。

大規模開発・複雑な開発も可能ですか?

はい、NoCode Infinityは大規模で複雑な開発プロジェクトにも対応できます。まずはお問い合わせからお気軽にお問い合わせください。

将来的に機能を追加しても大丈夫ですか?

はい、NoCode Infinityは将来的な機能追加やアップデートにも対応させていただきます。まずは最低限の機能でアプリをリリースし、段階的に機能追加して徐々にアプリを成長させていく開発手法にも対応させていただきます。

ユーザーが急に増えても問題ないですか?

はい、NoCode Infinityはスケーラブルなアーキテクチャを採用しており、ユーザー数の急増にも対応できる設計になっています。

セキュリティは大丈夫ですか?

はい、NoCode Infinityではセキュリティを重視し、データの保護やセキュリティ機能の実装を十分にサポートしています。

アフターフォローはありますか?

はい、NoCode Infinityではプロジェクトの納品後もアフターフォローを提供します。不具合の修正や追加機能の実装など、必要に応じてサポートを行います。

MVP開発やPoC開発でも問題ないですか?

はい、NoCode InfinityはMVP(Minimum Viable Product)やPoC(Proof of Concept)の開発にも適しています。短期間でプロトタイプを開発し、アイデアの検証や市場テストを行うことが可能です。

低予算でも大丈夫ですか?

はい、NoCode Infinityは低予算でも大丈夫です。高速に開発・リリースできることでシンプルなアプリの場合、非常に低コストな開発が可能です。まずは一度お気軽にご相談ください。

仕様が決まっていなくても大丈夫ですか?

はい、NoCode Infinityでは、仕様がまだ決まっていない場合でも、ヒアリングやディスカッションを通じて、ご要件やニーズを把握し、適切な提案を行わせていただきます。

こちらで用意するものはありますか?

NoCode Infinityを利用するにあたり、特別な準備や用意は必要ありません。プロジェクトの要件やニーズについて、事前に十分なヒアリングを行います。

お問い合わせ

メッセージが送信されました。
24~48時間以内に返信いたします。
Oops! Something went wrong.